共有持分の売却は専門知識がない素人でも可能

共有持分の物件は売却できる?

共有名義の不動産物件は、単独で保有している物件のように気軽に売買できないと考えている人は少なくありません。
しかし、共有名義の物件であっても自分の取り分だけ売却することは可能です。複数の人が保有する共有持分はあくまでも所有権の割合の事であり、持ち分のパーセンテージに合った部分の売ることができるようになっています。
例えばマンションのオーナーが兄弟2人である場合などに、基本的にはマンションの半分を保有しているのではなく、それぞれがマンションの権利を半分保有していることになるのが特徴です。
マンション自体を持っているのではなく売買する権利などを保有していることになるため、持ち分割合により売却が可能となります。
共有持分の物件全部を売却する前は、他の持ち主に話を伝えて同意を得ておくことが重要です。
ただし、自分自身の持ち分だけを売る時にはほかの持ち主に話を伝える必要なく、円滑に売買できるようになります。

専門知識がなくても業者に任せることができる

共有持分の売却をしたいけれど専門知識がないからどう売ったらいいのかわからない、という人は少なくありません。
一般的な不動産屋で購入してくれるのか、疑問に思う人は多いです。基本的に専門の買取業者がいるため、事前に確認をとって売却をすることができます。
専門知識がなければ売ることができないと考えている人は少なくありませんが、専門買取業者がいるため、そこまで専門知識にこだわる必要はありません。
全く知らない人に売る場合と、共有持ち分をほかの持ち主に売却する場合とでは多少異なるため、事前に確認してください。
専門買取業者に相談する場合は全く知らない人へ売るのでも構いませんし、他の共有する人に話を持っていくのも問題ないです。
ただし、当事者同士で話し合うことで安く買いたたかれるなどのトラブルがあると感じる場合は、専門家に相談して取引の間に立ってもらうことでトラブルの少ない売却が可能となります。

まとめ

共有持分の不動産物件は全体を売るか、自分の持ち分だけかにより許可の有無が必要です。
全体的に売るならほかの持ち主全員の許可が必要ですが、自分の持ち分だけなら全く問題ないため、安心できます。
また、通常の不動産業者ではなく専門業者に話を持ち込んで取引することになるため、事前に情報を正確に把握したうえで取引をすることが大切です。
他の持ち主へ売る場合には第三者を間に入れて冷静に話し合えるようにするとトラブルが少ないといいます。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です