共有名義で名義を変更したい場合には司法書士に相談する

司法書士の仕事はどのようなものか

世の中には、難しい仕事がたくさんあります。
例えば資格を取得しておりしかもその資格自体がなかなか簡単に取ることができないものもあるわけです。
代表的な資格の1つが司法書士と呼ばれるものです。
この司法書士は、競争倍率も激しく合格率が3%程度と言われており、毎年かなり激戦が繰り広げられているのが特徴といえます。
司法書士になったからといって、必ずしも成功できるわけではありません。

この点に関しては、病院の経営や弁護士事務所の経営なども同じになりますが、最終的には顧客対応の仕方やビジネス的な考え方が重要になります。
営業行為が苦手な人の場合には、なかなか集客ができないかもしれません。
一方で、何らかの個性がある場合や、営業能力が高い場合には、それなりに集客できる可能性があります。
そしてこの司法書士は、何を仕事としているかと言えば登記をすることを仕事としています。
つまり不動産の登記においてはなくてはならない職業と言えるでしょう。

共有名義の場合も司法書士依頼する

不動産を所有しており、共有名義人となっている場合この共有名義の状態では何かと不便なこともあります。
もちろんメリットもありますが、半分だけ自分の土地になっていることや、1つの土地のうち3分の1だけが自分のものになっていたとしても、狭いところならば使い道がないケースがほとんどです。
一般的な一戸建て住宅の土地を3等分しても、そこに住み続ける事はまずできません。
このように考えるならば、共有名義を早い段階で解消したいと考えるのも普通かもしれません。
共有名義を解消する場合には、例えば不動産を売却するといった何らかの根拠があります。
譲渡するといった形でも良いですがよほどお金持ちでもない限り、不動産を譲渡すると言う事は考えにくいです。

いずれにしても、所有名義を単独名義に変更するあるいは完全に人に売却あるいは譲渡する場合には司法書士の力が必要になります。
共有名義を解消しなければならないからです。
この場合に関しても司法書士に依頼し積極的に名義変更を行いましょう。

まとめ

司法書士は、登記簿に関する変更や作成の仕事をしています。
不動産を所有している人が例えば所有名義だった場合、これを単独名義に変える場合があるかもしれません。
あるいは、共有名義だった不動産を、完全に人に売却してしまうようなことも考えられます。
このような場合には、司法書士の力が必要になります。
絶対に司法書士に依頼をしなければいけないと言うわけではありません。
もし、登記簿作成に関する知識や登記簿を抹消するときの手続きの知識があれば、本人たちで行っても法律的に何ら問題は無いところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。