共有名義の土地や建物を活用したい場合は不動産会社に相談する

不動産を共有のまま放置してしまうと?

遺産分割協議が面倒で協議をしないとき、話し合ったけれども意見がまとまらないで不動産を共有名義のまま放置してしまうケースは多いといえます。
しかし、相続した不動産を共有名義のままにしておくと活用しにくかったり売却ができないなどのトラブルが起こることも少なくありません。
共有名義の不動産は共有持分者が単独で活用したり処分することはできません。
共有名義人が単独でできることは使用および保存で、単独で住むことや壊れているときには修繕することは可能です。
このよう範囲を超えてしまうような利用はできない、例えば賃貸に出したりリノベーションを行って増改築する、さらに抵当権を設定するなどもできません。
売却についても単独で行うことは不可能で共有名義者全員の合意が必要です。
なお、共有名義の不動産を活用したいとなったときには、他の相続人もしくは共有名義者と話し合いを行って足並みを揃えて貰うなどが求められます。

共有名義物件に強みがある不動産会社

不動産会社に相談すればなんとかなるのか、共有名義の不動産で悩みを持つ人はこのように考えるケースは多いのではないでしょうか。
共有名義不動産を巡るトラブルは後を絶たない、そのため1日も早く解決したいと考える人も多いかと思われますが、不動産会社にはそれぞれ得意領域がありその得意領域と共有名義不動産が一致したところに相談することで共有名義の土地もしくは建物を活用するアイディアを提供して貰うことが可能です。
なお、共有名義の不動産は単独で自分の持分は他の所有者に合意を求めなくても売却することができるのですが、仮に他の共有者が共有持分を第三者に対し売却してしまうと残りの共有者と買い手となる第三者との共同所有になる、新しい共有名義が発生します。
このようなときも、共有名義に強い不動産会社に相談することでどのようなリスクがあるのか、それを回避するための対策などについて親身に相談に応じてくれるのではないでしょうか。

まとめ

共有名義になっている不動産は、自分以外にも所有権を持つ人がいるのでその権利を持っている人に相談をしなければ共有名義不動産の活用や売却することはできません。
この場合は、共有名義物件に特化している不動産会社に相談することで経験から得たノウハウで問題解決に導いて貰える可能性も高まります。
なお、不動産会社にはそれぞれ得意領域があるので悩みを持つ人は共有名義物件に強みがある、ホームページなどで共有名義のことや実績が掲載されている不動産会社に相談することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。