共有名義で相続税が関与する場合は税理士に相談をする

相続税とはどのようなものか

この国に暮らしていると、様々な種類の税金があります。
比較的日常的に支払っているのは消費税になります。
現在10%ですが、今後どのように変更するか分かりません。
基本的に消費税に関しては、消費税を上げれば上げるほど景気が悪くなると言われているほどです。
それだけ多くの人は、買い物に対してナーバスになるかもしれません。

一方で、不動産を所有している場合も税金がかかるケースがあるでしょう。
よく名前の聞くところで相続税と呼ばれるものがあるわけです。
この相続税は、すべての税金の中で最も税率が高いと言われており、いわゆる不動産を所有している人は大きな負担になることがわかります。
ただ、不動産を譲渡する場合に絶対に相続税がかかるわけではありません。
これが適用されないケースもあるため、その点をしっかりと理解しておくことが大事です。

具体的には、一人当たりの相続分が36,000,000円を超えない限り相続税が生じませんので単独で相続する場合や兄弟がいる場合にはそれなりのお金持ちでなければ発生しないと考えてよいです。

共有名義の売却は税理士に依頼することもある


共有名義を売却する場合には、税理士に相談することあるいは税理士に依頼する可能性もあります。
所有名義の不動産があった場合、この共有名義の不動産は単独で売却することができません。
もちろん自分の持ち分に関しては自分の意思で処分しても良いため、他の持ち分を所有している人に相談あるいは同意を得る必要ありません。
しかし全体を処分する場合は、必ず全員の同意を得ることが必要です。
この場合、税金がかかりますがこれは相続税とは異なり、全く違う税金がかかるわけです。
このような場面も、税金がかかるため税理士に相談をするのも1つの方法かもしれません。

これに対して、共有名義の不動産を相続する場合は、相続税が発生することになるでしょう。
共有名義の不動産襲う属する場合や単独名義の不動産を相続する場合でも、最終的に共有名義にする場合や、共有名義を単独名義に変更する場合も相続税が絡んでくるケースがあります。
とは言え、それなりの資産価値がない限りあまり関係ないと考えてよいです。

まとめ

共有名義の不動産として相続する場合などは、共有名義人は相続税を支払わなければいけないかもしれません。
この相続税は、絶対に払わなければいけないわけではなく、一人当たりの相続金額が36,000,000円を超えた場合に支払うものとされています。
実際に36,000,000円になるケースはそれほど多くありません。
東京23区内の住宅や、ある程度大きな家に住んでいて、子供が1人しかおらず相続人が単独の場合がこれに該当します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です